HOME>アーカイブ>爪の構造について理解を深め、より専門的な知識を身につける

学校によって取得できる資格が異なる

マニキュア

ネイル専門学では、学校によって取得することができる資格が異なっています。そのため、将来どういったところで仕事をしたいかを予めよく考えた上で、学校を選ぶことが大切です。ネイリストの殆どが、将来的にはサロンワークを目指しています。その場合、就職の際に求められる資格も異なっていることから、ただネイリストの資格さえ取得できればどこでも就職が出来るというわけではないのです。そこで、進学を決める前に複数のネイル専門学校のオープンキャンパスへ足を運び、情報収集を行います。オープンキャンパスでは個別の進路相談を受け付けていて、そこでは取得できる資格についても詳しく説明を受けることができるのです。ネイル専門学校では視覚の取得並びに学生の就職に力を入れているので、卒業生が専門学校を出てどのような進路を選んだのか、という点も進路を選ぶ上で重要なポイントとなります。

学校で学べる内容について

ネイルサロン

専門学校では、学べる内容も様々です。ネイルについて専門的に学ぶことが出来る学校では、基本的なネイル技術からスタートします。爪の構造を理解することでネイルの基本を学ぶことが出来るのです。最近では、都市部を中心にネイルサロンが増えてきており、それぞれに特色を出すことで顧客の獲得に力を入れています。サロンワークで欠かせないのが高い技術と接客です。サロンワークの基本である接客ノウハウは、実習にて多くのことが学べるような環境になっています。ネイル専門学校では表面的な技術だけでなく、皮膚学や生理学を通じて皮膚や爪の構造を学び、ネイリストとして必要不可欠な知識を身につけることに力を入れている学校であるのです。